外傷実践セミナー開催の報告

問い合わせや要望の多い接骨院・整骨院のための外傷実践セミナーを企画しました。
外傷治療の重要性と実践材料の使用法、そしてカルテ・記録・経過処置の重要性と記録方法を現役ベテランの柔整師・鍼灸師から直接学ぶ機会となりました。

概要

  • 日付:平成26年11月30日 日曜日
  • 時間:午後1時から4時まで(受付は12時30分から)
  • 会場:メディカル東京株式会社 3F 研修ルーム
  • 受講費用:無料
  • 応募人数:20名 (定員になりました。)
  • お申し込み方法:各営業担当者に直接申し込むか、電話またはFAXでお申し込み。
  • 講師:昭栄館接骨院 柔道整復師/鍼灸師 及川院長

外傷実践セミナーの主な内容

外傷治療の重要性と実践材料の使用法

  • 外傷の流れ(地域医療機関との連携信頼)
  • 診断のポイント(触診・エコー)
  • 負傷別・部位別の基本初治療と固定材料の実演 (負傷別は骨折・脱臼から材料は厚紙からキャスト材まで)

カルテ・記録・経過処置の重要性と記録方法

  • 超音波診断装置の役割と使用方法
  • カルテ記入の経過内容とその意味と役割